You are here: Home » 大人同士で性欲を解消しよう

大人同士で性欲を解消しよう

エッチなお姉さんセフレ関係に興味があって「セフレとはどんなものか」を研究段階に入っている人、またセフレ関係を続けている人にとって、そのメリット・デメリットを探ることは大事なことです。
セフレ関係・現在進行形の人にとっては、セフレ関係の維持管理を疎かにすると、とんでもない修羅場に直面することも考えられます。
元々セフレ関係は、大人の成熟した男女関係なので、法的にも社会的にも、非難されることはないのではないかと思われるからです。
しかし「個人の恋愛」に、とやかく口を挟まれることはないにしろ、そこには自ずとその世界だけの「暗黙のルール」が存在していると言っても過言ではないでしょう。
先ずはセフレ関係におけるメリットについて述べていきましょう。

セックスしたい時に、いつでもできること。

自分の都合で会う会わないが決定できること。
様々な人との「ふれあいの機会」が生まれること。
セックスの相性の合う人とだけ関係を持つことができること。
などの理由が挙げられています。
これだけ見てきますと、まさにセフレ関係というのは、「情欲のはけ口」だけを求める男女にとっては、「理想の形」であると言えます。

次に、セフレ関係についてのデメリットについてみてみましょう。

恋人ができた時の、セフレとの別れの仕方しだいでは、事件に発展することがあること。
この場合は、互いがセフレ関係をしっかりと認識していないと「色恋沙汰」が「痴情のもつれ」となり「刃傷沙汰」に及ぶという「週刊誌ネタ」を提供する羽目になってしまいます。
次は性感染症にかかりやすくなること。
多数のセフレとの関係が、やがて性感染症への罹患へと進むことは、考えておかなければなりません。
奔放な性交渉のとどのつまりが、重篤な「性感染症への道」であったとすると、目も当てられません。
ラストのデメリットは、セフレの相手から恋愛感情を持たれてしまうケースです。
自分は恋人にする気はないのだが、相手が勝手に恋愛感情を持ってしまった場合。
前述したように、事件に発展しかねない事案なので事前に察知することが必要です。

セフレ関係についての様々なメリット・デメリットをみてきましたが、「性行為」だけに特化してのセフレ関係ですから、感染症や関係の割り切りについては、常に考えておくことをお勧めします。
セフレ関係には、なんとしても病気・事件性という二文字から、逃れることはできないからです。
そのためには、若い子をセフレの対称にすることには危険が伴います。
近頃の若い子達は、大人が思っている以上にセックスには奔放です。
何かが欲しいと思えば、即自分の体でも下着でも、金に換金してしまう傾向にあります。
性病や避妊にも無頓着な面があり、ネットの掲示板に「符丁」での書き込みが溢れています。

中年以上の男性にとっては、自分の娘のような女とセックスができることから、一部男性には根強い人気があるようです。
しかし、このことは発覚してしまうと家庭や職場・周囲を崩壊してしまい、性感染症にも及ぶ危険性があります。
セフレ相手には人妻や中年熟女などに限定するほうが、もろもろの「後腐れ」を回避できるものと思われます。
セフレの条件は「性欲の解消」だけですから、
それ以上を期待したり求めたりすることは、ルール違反と認識したほうがいいでしょう。快適なセフレ関係を維持継続させるには、それなりの努力が必要ということでしょう。

Page maintained by